2006年11月27日

築1000年の高層住宅

昨晩TBS「世界遺産」を見ました。イスラム教の国イエメンの都市サナアです。
<日干し煉瓦で築1000年の5階建ての高層住居・高い家は7階建て!?>すごい耐用年数ですね。1・2階の構造は石と木材ですが、上階はほぼ日干し煉瓦(土に藁等を混ぜ合わせ天火で干した物=土ですよ。)と枠組みの木材だけのようです。
築1000年ですヨ。さすがラマダンの国 物を大切にする心 天の恵みへの感謝の気持ちの現れなのでしょう。そんな心を養う宗教教育も大切です。日本は仏教の国でしたが・・・世界的に「断食week」なんかを設けてみるのも良いかも知れないですね。
ところで、日本の建物はどうなのでしょうか。※合掌造りの藁葺き屋根は置いておきます。マンションやビルの構造は、鉄骨・鉄筋にコンクリート被覆ですよ。地震列島ではありますが、100年位は軽〜く耐えるのではないでしょうか。
減価償却等の税制(銀行の融資基準)等を考えると、築年数で物件を選択せざるを得ない状況ですが、なんだかもったいないような気がします。
都心部では、高層建築ラッシュが続いております。臨海部などもそうですね。
そんなに高い建物は不自然ですよ。だいたい耳がヘンになりますもの。
◎見晴らしは山に登るが一番。
土地の最大有効利用、再開発に日本を代表する企業が群がる姿は、昔となにも変わっていないような気がします。ドーナツ化から、ストロー効果でアンパン化現象そしてまたドーナツ化していくのでしょうか?(投機買いの準備を始めなければならないですね。)
マンションも車と一緒ですか?モデルチェンジで乗り換える風潮はいまだに不思議です。思い出と一緒だし、なんだか可愛くなってしまい、廃車する時に悲しい気分になる性質なものですから。(新車だらけなのは日本だけじゃないですか?)
私の友人が、古〜いベンツに乗っていた時の話を思い出します。
「長尾、メルセデスはいいよ。どんなに古い年式でも必ず部品があるから。」
へぇ〜なるほど、さすがはベンツ。私は日本車です。「その部品は製造してないです。すいません。」で終わりでした。家電製品もそう。マンションもそう。
将来の売却も含め購入を検討されている方が多いと思います。そうなると自然と新築若しくは、築年数で選ぶ事になると思われますが、是非古〜い物件もご覧になってみてください。
世代交代後のマンションは、落ち着いた雰囲気で良いものですよ。
新築を買っても20年経てば、世代交代後のマンションになります。
本日案内した賃貸貸家をご覧下さい。
s12.jpg
小田急線「参宮橋」駅3分
家賃12万円 礼金2 敷金2
面積55u


◎築年数は約30年(実際にはもっと年上だと思います。軽〜く40才以上?) 
2階の2帖のお部屋には、作りつけのベッドがついてます。
子供部屋にピッタリと思える広さと空間使いにびっくりでした。
ベットの下は引き出し収納で、壁には本棚になるような棚がついています。
本当に居心地よさそうです。思わず寝てみたくなったのですが、お客様の手前遠慮しました。管理会社さんの前説明では、建物が傾いているとの事でしたから、覚悟の上のご案内だったのですが、一部の建て付けと、畳床の痛みだけのようでした。
各お部屋の扉がまた、いい感じです。まさに木製ドア、真鍮製と思われる留め金等
古〜い家が好きな方にはたまらない物件です。
但し、階段は急勾配ですので、転落注意です。
まだ、手直し前なのですが、大家さん談「使えるものはそのまま使っていただきたい。ダメな部分は直します。」との事。建物への愛情を感じてしまいました。
細い路地を入った場所にあるのですが、立派な東南の角地です。(路地ですが・・)
日当たり良し。風通し良し。線路の音も気になりません。
すごく暖かな貸家でした。(子供の頃作った秘密基地のようです。)
















posted by nagao at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ・不動産リスクを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。