2006年11月14日

株式会社東京工務店

「いま、建物を建築するのに、いくらぐらい必要なんだろう。」
住宅の施工単価を調べていたら、なるほど情報がありました。
◎場所は東村山市です。-東村山市本町地区プロジェクト- 都営住宅跡地の再開発
 愛称「むさしのi(アイ)タウン 四季の街」
事業主は、<株式会社東京工務店>http://www.tokyo-ec.com/
建築費は、坪あたり36.7万円〜49.8万円 50万円以下です。
土地は、期間70年の定期借地権で、地主はなんと東京都。早速、東京工務店さんに電話しました。「販売価格はおいくらですか?」A,12月に入ってから、ホームページで公開します。(ホームページで確認してください。)との事でした。
おおよそですが、土地は一区画50坪平均で、販売価格は3,000万円〜4,000万円の予定との事です。気になる地代は月額4万円(坪800円)予定?
なんだか割安感を感じないですね。何の為の定期借地権なんでしょうか。
私としては、ほぼ建築費総額+α位の価格を期待していたのですが・・・
単純に、50坪×50万円=2,500万円+α借地権設定料で、3,000万円以下じゃないのですか? まあ、正確には12月の発表を待つことにいたします。
購入される方は、株式会社東京工務店のホームページを注視なさってください。
(公募方式を予定しているようです。)
※いまのうちから、近隣の中古住宅や、新築戸建をチェックですね。
気になるので、現場を見てきました。
開発地の北側から
PICT1407.jpg
先に見える高い建物は、完成した都営住宅です。手前に見える工事中の部分が第一期販売住戸です。広〜いです。
北から南に向かう道路
PICT1411.jpg PICT1412.jpg 
PICT1410.jpg


←建売現場がありました。
本日定休日なので、後日追加いたします。
◎重要な比較物件です。
 
PICT1418.jpg

各社のぼり旗が、戦国時代な雰囲気です。

PICT1421.jpg PICT1419.jpg 
PICT1416.jpg
PICT1415.jpg
PICT1417.jpg
非常に緊張感のある現場です。こんなに綺麗に整頓されている現場は、見たことないような気がします。作業している方々は真剣そのもの。なんとなく晴れやかな気分になりました。
(素敵な住宅街になるのは間違いないでしょう。)
間取りプランや建築工法の概要は、鞄結檮H務店のホームページでご覧になれます。http://www.tokyo-ec.com/
問題は価格設定ですね。出発点(発想)は素晴らしいと思います。さすが東京都!
石原都知事万歳ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
◎整備費用その他工事外の経費が想定外だとか、工務店の利益確保なんてちょっと違いますよね。都民の夢のモデル事業を気持ちよく完遂していただきたいと思います。完売すればOK?価値が認められた事になるなんて、どこかの不動産屋と同じセリフは無しでお願いします。(難しい問題ですが・・・)


これで建築費の目安になりましたでしょうか。
posted by nagao at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ・見逃せない情報とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
永住して70年住むとするとですね40,000×12ケ月=480,000円がだいたいの年間地代ですから、70年ですと33,600,000円。これに35,000,000円が定期借地権付きの建物の値段だとすると合計で68,600,000円

 底地の固定資産税は底地の所有者の東京都が負担になるので(どれくらいになるのかは不明ですが)例えば年に100,000円の土地の固定資産税が安くなるとすれば70年で7,000,000円なので68,600,000円−7,000,000円で結局61,600,000円。

 ここに20年から35年の住宅ローンの金利が加わると約90,000,0000円の買い物になりますよね。しかも定期借地なので70年後には資産価値は0ですよね。
 
 ふむ〜株式会社東京工務店 おそらく役所の人もこれくらいのシュミレーションの後に計画はされているのだと思いますが、本当に近隣の不動産の相場ってどうなんでしょうね...面白い話題ですね!
Posted by DADAっ子 at 2006年11月15日 08:44
DADAっ子 様
コメントありがとうございます。
「おっしゃるとおりです。」
12月の発表を見守りたいと思います。担当者レベルでは、まっとうな意見の攻防戦が繰り広げられているのではないでしょうか。是非頑張っていただきたい。ですが、なにせ組織が大きいですから・・・ここはひとつ、石原都知事の決裁権(政治力)が、まっとうな意見の側に作用する事を祈ります。(担当者には、勇気をもって直談判して欲しいですね。DADAっ子さんのシミュレーションを持って、都知事がどう判断なさるのか。)
◎近隣の相場は、追って追加いたします。
「今後共どうぞよろしくお願い申し上げます。」

Posted by NAGAO at 2006年11月15日 11:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27462660

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。