2006年10月19日

小さな売家

ルトゥール東京は、代々木駅西口から歩いて7分[代々木区民会館の前]にあります。
弊社から歩いて○○分の場所で新築売家の情報です。しかも価格は1,000万円台!?  さっそく歩いて行きました。
細〜い路地を入って曲がってまた曲がりの突き当り「へぇ〜立派なもんだなあ。」が最初の感想 正直「アリだなあと思います。」敷地は10坪ないのですが、なかなか立派な3階建てがほぼ完成状態でした。この場所で、この価格!?実は理由がございます。

実はこの物件<最建築不可>なのです。  「なあんだ。やっぱり?」ですが・・・

諸費用を計算するとちょうど約2,000万円になります。土地の坪数で割り算すれば、坪当たり270万円 建築費が約50万円×10.92坪で546万円位でしょうか。まあ600万円として、土地の値段が、坪189万円になります。この場所で200万円の土地を探しても買えない事を考えますと、仕方ないのかなあ?なんて考えてしまいます。
売主業者さんは、相当安く買ったのでしょうが、一般的に再建築不可モノを果たして買う方がいるのでしょうか?銀行はお金を貸してくれないし、ここはやっぱり専門家に任せた方が良いのだなあ。なんて思います。
銀行融資の使えない(=買えない)物件をなんで見に行くの?なのですが、売主業者さんに問い合わせたところ、提携の住宅ローン会社を紹介してくれるとの事でしたものですから。
◎再建築不可でも、新築1,000万円台でこの場所は非常に珍しいのです。
「2戸1(連棟)かもネ?」と思ったくらいなのです。
※隣の住宅と基礎や壁の一部が繋がった建物で、2戸で実は1戸建という建物です。
昔の建売住宅に多く見られたタイプです。
ところが、ここは完全独立一軒家! 隣地とのスペースも取れていました。角部屋の感覚で、採光通風良好です。
実際どうなのでしょう? 再建築不可なのに、なんで新築住宅なんでしょうか!?
疑問は残りますが・・・
昔、私は3帖半の部屋に住んでおりました。
6帖台の3層は十分な広さに感じます。外観は、小さな家というより、小さなビルディングといった感じです。延床面積は36u(約10坪)あります。
都会の隠れ家にピッタリですネ。(本当に隠れているのです。)よほどの事がない限り、絶対に判る場所ではございません。
都会の隠れ家としての使い道がなくなったら?
その際は賃貸しましょう。坪1万円で10万円の家賃でしょうか? 
年収120万円の小さな家でした。 
posted by nagao at 11:13| Comment(0) | TrackBack(2) | ・分譲住宅あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25739539

この記事へのトラックバック

代々木からリノベーション分譲マンション内観レポートと、昨今の分譲事情です。
Excerpt: 実際物件は買い付けが入っていて、現在は売買広告は終了契約予定となっているお部屋です。 代々木近隣という事もあって、内観取材の機会がありましたから「昨今のリノベーション分譲はどんなものか」情報として紹介..
Weblog: retour&amp;Retour
Tracked: 2006-10-22 10:53

分譲か賃貸か「俯瞰で見る」
Excerpt: 以前retour&Retourで取り上げた耐震偽装関連の続編となるのだけれど、経済学的なファンダメンタルから「分譲か賃貸か」を考えてみたい。 件の耐震偽装事件(特にその後判明した多数の偽装事例)からハ..
Weblog: 住まいの心理学(retour&kagewari)
Tracked: 2006-10-24 11:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。